畳一枚

書家の掛川紫水さんのご遺族から、開店時に、

紫水さんの残した

「千曲川旅情のうた」の拓本を

寄贈していただきました。

拓本を裏打ちに出し、揚羽屋の下駄箱から取った欅の部材で

額縁を作ってもらい、古い着物を解いてマットにして額装。

やっと完成した畳一枚分の作品はお店の象徴に。

ちなみに、古布は雲とツバメがあしらわれていて、

詩の内容にぴったりだなと、自画自賛。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。